本文へ移動

子宮がん検診

子宮がんには子宮の入り口にできる「子宮頸がん」と、子宮の奥にできる「子宮体がん」があります。
 
「子宮頸がん」はヒト・パピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因です。
最近は20代~30代の女性に多く発症しています。
これに対して、「子宮体がん」は、閉経後の女性(50代以降)に多く見られます。
自治体の検診、企業の検診、個人の検診いずれにも対応しています。細胞の採取だけでなく、超音波も用いて検診しています。
 
 
子宮がん検診と一緒に”骨密度測定”が可能です。予約は不要です。受付または看護師にお声掛けください。
 
TOPへ戻る